2017年9月25日 (月)

9月の京都府立植物園

20170910kyblg

クリスマスツリーのオーナメントみたいと思って撮ったのですが、カヤの実だそうです。

さて、一応追いつきました。9月の京都府立植物園です。

一応初めてだと思うのは、

Draculaveneficiaselena20170910kyblg

Dracula veneficia 'Selena'です。

少し毛深いめのドラキュラさん。ピンクの大きな鼻がキュートです。

あと、お久しぶりだったのが、

Bulbphalaenopsis20170910kyblg

Bulb. phalaenopsisです。

生肉(!)っぽいですよね。グロテスクで、いかにもバルボ。

臭いかぎたくないですね~。

他はいつものみなさまだったので、ご紹介はこのくらいで。

さて、京都府立植物園の報告は追いつきましたが、うちの子たちの開花記録は溜まりすぎていて手を付けるのがコワい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

8月の京都府立植物園

20170812kyblg

青空をバックに向日葵!

真夏の8月の京都府立植物園です。

これを涼しくなった彼岸の頃に書いているという季節外れは棚上げにして、とりあえず写真を見ながら記憶をたどりましょう。

8月はね、久しぶりに、初めましての方がいらしたんですよね。

Bulbmacrobulbun201708122kyblg

Bulb. macrobulbunです。

この妖怪チックな感じ、いかにもバルボっていう花ですね(いや、褒めてるんです)。

まだらっぽい赤と大きな舌が、「らしい」んかなあ。

あとは、いつもの方々ですが、うって変わって、アンデスの妖精たち。

Masdangelfrostdb20170812kyblg_2 Masdheathii20170812kyblg









Masdignea20170812kyblg Masdpolysticta20170812kyblg









左上はMasd. AngelFrost 'D&B'、右上はMasd. Heathii、左下はMasd. ignea、右下はMasd. polystictaです。

真夏にキレイですね。

うちのマスデさんたちは、infractaは咲いてくれたんだけどな。

それから、8月といえば、

Grammaphyllumscriptumhihimanu201708

Grammaphyllum scriptum 'Hihimanu'です。

夏、って感じですよね。

・・・8月はこんな感じでしたっけねえ。もうすでに記憶が・・・。

とりあえず、更新頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

7月の京都府立植物園

20170709kyblg

ご無沙汰しております。

ずっと前ですが、7月の京都府立植物園の開花情報をお送りいたします・・・

うん、時間が経ちすぎてますよね。

まあ、でも、なんとか復活したいと思います。

この時期、セロジネが頑張ってます。

Coelpandurata20170709kyblg

Coel. pandurataです。

薄緑色のセロジネ、結構好きなんですが、図体がでかすぎるので、ココで見るだけのお方です。

Coeltomentosa20170709kyblg

Coel. tomentosaです。

ナメクジさんに食われてることが多いのですが、割ときれいなところをお撮りできましたね。

あとは、比較的、ちょっと珍しい系。

Cuitlauzinacandida20170709kyblg

Cuitlauzina candidaです。

白い花なのに、なぜか、蝶ネクタイにタキシードのイメージ。

Eulophidumpaivaeana20170709kyblg

Eulophidum paivaeanaです。

この子は黄色いロバのイメージ。

Papilinantheteres20170709kyblg

Papilinanthe teresです。

Ohyamazakiですよね、これって。美人さんです。

あと、この時期には、温室外でこの方を探すのがいつものルートです。

Spiranthessinensis20170709kyblg

Spiranthes sinensisです。

いつもの場所には見当たらなくて、別の日当たりの良い場所で見つけました。

小さいけどカワイイ。

***

ということで、またしても約1ヶ月ぶりの更新。

いー加減、復活しなきゃとは思ってるんですけどね。まあ、ぼちぼち。

なお、村上園芸さんから、来週末のご案内が届きました。

お近くの方も、そうでない方も、みなさま、ぜひ、お誘い合わせの上、ダイキ宇治東店へ!

Img_20170923_195426

http://www.daiki-grp.co.jp/events/exhibition/plant.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

6月の京都府立植物園

201706112kyblg

えっと・・・、6月の京都府立植物園です。

復活しようと思っていたのですが、復活しきれず、また間が空いてしまいました。すみません。

続けられるかどうかは、あまり自信ありませんが、ボチボチやれるといいなと思っています。

で、既に記憶はほとんどありませんが、6月の記録を。

Bulbaffine20170611kyblg

Bulb. affineです。

美形バルボ。初めてだと思います。

素直な星形にすっきりしたストライプ。いいですね。

あ、でも、6月は夏の洋ラン展があったから、そちらの展示品だった可能性もあります(どれがどうだったのか、もはや記憶の彼方・・・)。

でも、

Bulbclaptonense20170611kyblg

Bulb. claptonenseは展示品だったという記憶(写真の背景の印象かもしれないけど)があるので、affineは植物園の方だと思うんだけどな。

次は、京都府立植物園では久しぶりな感じのファレノたち。

Phalborneensis20170611kyblg Phalbraceana20170611kyblg









Phalmannnii20170611kyblg Phalsp20170611kyblg









左上がPhal. borneensis、右上がPhal. braceana、左下がPhal. mannnii、右下がPhal. spです。

右下はparishiiと書いてあったけど、違うと思う(10月6日追記:Phal. parishiiではなく、Phal. marriottiana var. parishii、または、Vandopsis parishiiとのこと。ご教示ありがとうございます)。

ラン展の展示品も混じっているような気もしますが、まあ、大目に見てください。

久々にたくさんのファレノに会えて、うれしかったです。

うちのファレノさんたち、夏なのに静かなもので、よけいです。

うちの子たちは、夏バテ気味です。冷蔵ショーケースの中で元気に頑張っている子たちもいます。

天気のせいとタイミングの問題でうまく写真が撮れてないときもありますが、それなりに記録はしているつもりです。

なんとか追いつきたい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

5月の京都府立植物園

20170503kyblg

翡翠色が鮮やかなジェイド・バイン。

5月の京都府立植物園です。

すみません。ちゃんと生きてます。単にばたばたしていてサボってました。

しばらくサボってしまうと、サボり癖が付くんですね。

しかも、たまっている画像が半端なくて・・・。

なんとか復活したいと思っていますが、ゆるい目で見守っていただけるとありがたいです。

さて、5月の温室には新顔さんはいなくて、私的にはだいたいいつものみなさんだったのですが、5月は、むしろ、日本生態園のみなさんの出番でしょうか。

Calanthediscolor201705031kyblg

普通に、Calanthe discolorです。

Calanthediscolor201705032kyblg

色違い。

Calanthestriata201705031kyblg

Calanthe striataキエビネです。

Calanthetricarinata20170503kyblg

Calanthe tricarinataサルメンエビネです。

このように、エビネさんたちが頑張ってました。

その一方で、

Cypripediumjaponicum20170503kyblg

Cypripedium japonicumクマガイソウは、これだけでした。

うーん、盗掘されたんかな。この時期には毎年拝めてたのに。

みんなのものは、みんなで見て、撮るだけにしてほしい!

ということで、ラン科植物は以上で終わりです。

それ以外の、日本生態園のいつもの方々にご挨拶。

201705031kyblg

マムシグサ、後ろ姿が凜々しいです。

20170503kyblg

ムサシアブミ。年々巨大化してる気がするんだけど。

そして、山野草展で、ラン科植物を差し置いて、私のハートをわしづかみしてしまったのは、

201705031kyblg_2

えー、何これ、何これ、いやー、カワイイ! 可愛すぎ!!

201705033kyblg

初めて見た、ウサギゴケ。かわいすぎ。

あっち向いたり、こっち向いたり、ポワポワ、ひょこひょこした感じで、ゆるーく、癒やされる。

・・・と思いつつも、手を出さずに帰ってきました。

どこかで見かけてしまったら、病気が出そう・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

ハウエアラHoweara Chian-Tzy Lovely

Hawearachiantzylovely201703122blg

ハウエアラHoweara Chian-Tzy Lovelyです(3月12日撮影)。

レモンイエローの可愛い子どもたちが、今年も来てくれました。

Hawearachiantzylovely20161208blg

年末に、花芽が見えてきました(12月8日撮影)。

Hawearachiantzylovely20170203blg

やがて、花茎が伸びて、つぼみが膨らみます(2月3日撮影)。

Hawearachiantzylovely201702192blg

咲いたところの花(2月19日撮影)。

レモンイエローに、赤いそばかすが可愛いです。

Hawearachiantzylovely201703121blg

全体像(3月12日撮影)。

今年は2花茎です。

今年も元気に咲いてくれたから、これからも元気でいてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

4月の京都府立植物園

201704021kyblg

早咲きのしだれ桜です(4月2日撮影)。

4月の京都府立植物園。ソメイヨシノはまだつぼみにもなっていませんが、早咲きの桜の木がポツポツと満開。人も多かったです。

さて、今回の新顔さん。

Acanthophippiumsp20170402kyblg

Acanthophippium spです。

探しても名札は見当たらなかったのですが、この形はAcanthophippiumであることは間違いないと思います。

葉陰の根元で咲くから、危うく見落としそうでしたが、そばのリパリスを見ていて気づきました。

ヘンテコリン系だけど、結構きれいな色だと思いますね。

Eulophidumpaivaeana201704021kyblg

こちらは初めてではないけど、珍しいと思うので。Eulophidum paivaeanaです。

イメージは黄色い耳のロバさんです。

あとは、この時期のお楽しみのこの方・・・

Vanillaplanifoliacvvariegata2017040

Vanilla planifolia cv Variegataです。

午後遅めに行ったのにまだ咲いてました。まだたくさんつぼみがあるから、これからしばらくは楽しめそう。

最後に、今日、なぜ行ったのかというと、この方に会うためでした。

Cymgoeringii201704021kyblg

シュンランCym. goeringiiです(なんか写り込んでしまったのは見逃してください)。

先々週はつぼみだったけど、ちょうど咲いてました。ここで咲いている子に会えるのはレアです。だから、うれしい。

この子もそうだけど、この時期は、温室だけでなく日本生態園も楽しみ。月1回じゃあ済まないよねー。

問題は、その時間が取れるかどうかなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

マキシラリアMax. picta

Maxpicta201703072blg

マキシラリアMax. pictaです(3月7日撮影)。

明るい笑顔です。

でも、ちょっと何か変です。何がかっていうと、コラムの先が取れて、花粉塊が2つむき出しになってしまってます。

コラムの先をぶつけてしまったんですね、たぶん。ごめんね。

Maxpicta20161118blg

去年11月には、花芽が見えていました(11月18日撮影)。

Maxpicta20170203blg

年が明けて、伸び始めるとニョキニョキ伸びます(2月3日撮影)。

Maxpicta201702264blg

つぼみはこんな感じ(2月26日撮影)。

Maxpicta201702263blg

咲き始めはこんな感じ(2月26日撮影)。

Maxpicta201703071blg

全体像です(3月7日撮影)。

今年は2輪です。でも、香りは強いです。

次のバルブは、鉢の端ぎりぎりなので、植え替えしないとダメかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

マキシラリアMax. picta mini

Maxpictamini201701053blg

マキシラリアMax. picta miniです(1月5日撮影)。

ミニサイズのピクタ、今年も来てくれました。

ほっそり小さめサイズで、色も薄めだけど、明るく元気です。

Maxpictamini20161118blg

11月頃、バルブの根元から花芽が出てきました(11月18日撮影)。

Maxpictamini201612082blg

ドットの浮かんだ花芽がニョキニョキ伸びます(12月8日撮影)。

Maxpictamini20161216blg

さらにニョキニョキ伸びます(12月16日撮影)。

Maxpictamini201612255blg

花茎が伸びると、つぼみになります(12月25日撮影)。

Maxpictamini201701072blg

咲いたところ(1月7日撮影)。

Maxpictamini201701211blg

全体像(1月21日撮影)。

5輪+5輪で10輪咲きました!

たくさん咲いてくれる良い子です。

時間差があったので、先に咲いたものは花弁の先が茶色くなりかけてますが、多めに見てください。

そろそろバルブの伸びる余地がなくなりつつあるんだけど、どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレウロタリスPleurothallis sanchoi

Pleurothallissanchoi201701023blg

プレウロタリスPleurothallis sanchoiです(1月2日撮影)。

レモン色のコロコロした子です。

ずいぶん時間が経ってしまっていますが、頑張って追いつきます。

Pleurothallissanchoi20161211blg

つぼみが出てきてます(12月11日撮影)。

Pleurothallissanchoi201612292blg

咲いたところ(12月29日撮影)。

Pleurothallissanchoi201612291blg

全体像(12月29日撮影)。

2輪咲いています。

小さいけど、それなりに頑張って咲いてくれてます。

ずっと元気でいてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«3月の京都府立植物園